日焼け止めクリームの適量とは?

お肌の敵といえば紫外線。紫外線対策はいつも日焼け止めクリームを塗って、なるべく日なたを歩くようにしています。夏になるとどんどん日差しも強くなって、ちょっと外にでるだけでも汗が出てきますよね。

長時間外にいると日焼け止めクリームもこまめに塗らないと溶けて効果がなくなってしまうから注意が必要です。紫外線はお肌の老化も早めますから、しわやほうれい線が濃くならないためにもきちんと対策しないといけないです。

日焼け止めを塗る時のポイントは、日焼け止めクリームを必要以上に伸ばしすぎないこと。白くなったり、べたべたするのを防いだり、日焼け止めクリームを節約するために伸ばしすぎると、適量より少なくなってしまうそうです。日焼け止めクリームには、SPFとPAの数値がありますが、その値は1平方センチメートル当たり約2mgずつ塗ったときの値だそうです。

一応、この値を基準にして塗れば適量が得られるというわけですね。日焼け止めクリームを十分活かすためにも伸ばしすぎは気をつけたいですね。